逃げても借金踏み倒せない※任意整理弁護士の選び方とは?

キャッシングやカードローンなどの借入は返済しなければなりません。しかし、中には残念なことに請求を無視する人もいます。
請求を無視すれば返済せずに済むということはなく、必ず請求や取り立てが行われるため、踏み倒しは不可能です。

借りたお金は必ず返すのがモラルです。請求を無視しても金融業者は回収を諦めることは絶対になく、様々な方法で返済を迫ってきて、最終的に苦しい状況に追い込まれてしまいます。

請求を無視した場合、初期であれば、電話やはがき、メールなどで支払期限が過ぎているという連絡があります。家族や勤務先に金融機関とわからないような配慮をしてくれるので、取り立ての連絡とは気づかれることはありません。連絡があっても入金しなかったり、連絡を無視していると、督促の頻度が増えていきます。これらを無視すると、金融業者が直接自宅を訪問したり、自宅訪問でも本人と接触できない、入金がない場合は勤務先に訪問されることもあります。それでも対応しなければ、金融機関側は本格的に行動を起こしてきます。通常であれば、裁判所に告訴して支払い命令が下されたり、専門の債権回収業者が取り立てを行います。取り立ては、早朝や深夜の時間帯には行わない、他の金融機関からお金を借りて返済するよう強要しない、暴力や大声を出さないということが法律で禁止されています。しかし、これは一般的な金融業者のケースであって、闇金や悪質な業者の場合は酷い取り立てが行われることがあるようです。

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法

逃げても借金踏み倒せない※任意整理弁護士の選び方とは?関連ページ