分かりやすい!任意整理の手順・流れ



任意整理を弁護士に依頼して実行する場合の流れは以下の通りになります。

弁護士が債務者から依頼を受け、任意整理を実行するとなった場合、弁護士介入通知を債権者に郵送します。
この内容は債権者へ任意整理の依頼を受けたため、直接的な取り立てや請求は行わないことと、過去の取引履歴を開示するように、という内容になります。
これで債務者へ取り立てや請求を行うことが禁じられます。

その後、弁護士が債権者から必要な取引履歴を取り寄せ終わったらひき直し計算を行い、過去に多く支払ってきた利息や過払い金を算出します。

そして、ひき直し計算の結果、減額された借金の金額を和解案として盛り込み、3年間において分割して返済する旨の内容を記載します。
さらに、過払い金があった場合は、過剰に支払っていた分の返還請求を行います。

弁護士が各債権者と交渉し、和解案を提示します。
債権者が返済計画に納得してくれた場合、和解ということになりますが、和解案に納得いかないこともあります。
この場合、もう一度和解案を作成し、再度同意のための交渉を行います。

和解が確定したら和解書を作成して、交渉が終わります。

これらは債務者と債権者の二者間でもできますが、素人が債権者と交渉してもうまくまとまらないので、弁護士に依頼することがベストです。

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法

分かりやすい!任意整理の手続きの流れ関連ページ