支払督促が届いたら…※賢く借金整理するために

債権者は、債務を履行出来ない債務者に対し、債務の支払いを促す支払督促を債務者の方によく送付します。しかしその支払督促にも応じない場合、債権者は更なる手段として催告書を債務者に送付します。その支払督促と催告書の大きな違いと言うのは、支払督促は債務を履行出来ない債務者に対して債務の支払を促すものである事に対して、催告書は簡単に言えば法的手段に出る前の一種の予告書みたいなもので、支払をしなければ法的手段に出る旨の通知を債務者に告げるものです。
この場合、法的手段と言うのは二通りあり、一つは給与等の財産差押え、そしてもうひとつは債権の一括請求となります。いずれにせよ、債務者にとって痛手が大きいものの、差押えの上限額が法律で定められている事に対し、一括請求は債務の全額を請求するものなのでその限りはありません。これは債務者にしてみれば無理な要求かもしれませんが、債権者にとっては法律で認められてる方法であるのです。支払督促を無視すると、その先には最悪の結果が待っています。債務者は支払督促が頻繁に送られてくる状況になった時点で、債務者に対する相談期間へ相談し、今後の対応をきちんと考えるべきであると考えます。

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法

支払督促が届いたら…※賢く借金整理するために関連ページ

給料差し押さえについて※賢く借金整理するために
給料差し押さえについて※賢く借金整理するために
差し押さえ通知について※賢く借金整理するために
差し押さえ通知について※賢く借金整理するために
支払督促が届いたら…※賢く借金整理するために
支払督促が届いたら…※賢く借金整理するために