差し押さえは、借金の滞納が原因で行われるものです。借金を支払わずに放置していたり、税金を支払わなかった場合は、国が財産の処分ができないように決めてしまうのです
これによって持っている財産は処分することができなくなり、お金に換金することができません。また差し押さえを行った物については、国が競売にかけて売却することもあります
基本的に差し押さえを回避するためには、借金を返済するしか方法がなく、借金が返せないということであれば、債務整理か諦めるしかありません

差し押さえを行う前には、必ず督促状が届きます。これが発行されないのに、差し押さえが行われるということはありません
この書面が届いてから、対策を立てても問題はありません。借金が滞納しているなと感じているのであれば、早めに対策をした方が良いでしょう
持っている物の中で、借金に応じて差し押さえをするものは変わってきます。借金が高ければ住宅を差し押さえの対象にされてしまい、競売にかけられることもあります
場合によっては複数のものが差し押さえの対象となる可能性もあり、指定されたものを奪われたくなければ、即座に債務整理を行った方が良いでしょう
なお住宅の場合は任意売却によって、差し押さえを回避することができます

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法

差し押さえとは記事一覧

皆様の中で借金で苦しんでいる方々がいらっしゃると思います。その借金を抱えている時に発生しかねないのが給料の差し押さえです。給料の差し押さえは文字通りいただくはずの給料を金融機関で差し押さえされてしまい皆様の手元に入ってこない事です。差し押さえの発生として、一定期間の借金滞納で発生します。私の親戚にも金融機関からマイホームのためにローンをしていた方がいますが、ローンの返済を3ヶ月ほど滞ってしまいまし...

お金を借りて返済日に返さないという事を続けていると督促状が送られてきます。それも無視して何の連絡もしないと、今度は裁判所から差し押さえ通知が届きます。差し押さえ通知とは、金融会社が財産を差し押さえて借金の返済にあてることにしましたという予告状のようなものです。金融会社からみたら返済すると約束した日にお金を振り込んでもらえない上に、連絡をとろうとしても返事をしてもらえないと困ってしまいます。それで貸...

債権者は、債務を履行出来ない債務者に対し、債務の支払いを促す支払督促を債務者の方によく送付します。しかしその支払督促にも応じない場合、債権者は更なる手段として催告書を債務者に送付します。その支払督促と催告書の大きな違いと言うのは、支払督促は債務を履行出来ない債務者に対して債務の支払を促すものである事に対して、催告書は簡単に言えば法的手段に出る前の一種の予告書みたいなもので、支払をしなければ法的手段...