債務整理後のクレジットカード※作れる?作れない?

債務整理を行うと、個人信用情報機関や官報にその事実が記載されるため、掲載期間中はクレジットカードの新規申し込みや所持が不可能になります。

そもそも債務整理というのは、債務者本人にとっては借金が減免されるという救済制度であり、借金返済の苦しみから逃れることができれば
とても楽になれるかもしれませんが、お金を貸した側の債権者にしてみれば貸した分のお金をきちんと戻してもらえないわけですから、
一度でも債務整理を行った相手にはもう二度と融資を行いたくないと思うものなのです。

ですから、クレジットカード会社にしてもそのような人物に融資枠を与えたりしないよう、新規カード申し込みの際や途上与信の際には信用情報機関や官報をチェックし、
利用者が債務整理を行っていないかどうかを必ず調べます。
そしてもし債務整理を行った事実が掲載されていれば、申し込みは断られますし、既に所持しているクレジットカードは更新不可となって使用できなくなります。

また債務整理の方法によってクレジットカードが持てない期間は変わってきます。
民事再生や自己破産の場合は、個人信用情報機関だけでなく官報にも掲載されるため、執行から10年間はこの情報が消えることはありません。

その一方、任意整理や過払い金返還請求の場合は信用情報機関のみに掲載されるため、5年後には情報が削除されます。

ただし、債務整理を行った当事者であるクレジットカード会社については、社内ブラックとして永久的に登録されてしまいますから、
たとえ債務整理の情報が信用情報機関などから消えたとしても、再びカードを申し込むことはできません。

従って、それ以外の会社のクレジットカードが持てるようになるのは、債務整理の方法ごとに執行から5年後、もしくは10年後であるということを把握しておいて下さい。

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法

債務整理後のクレジットカード※作れる?作れない?関連ページ

債務整理後のクレジットカード※作れる?作れない?
債務整理後のクレジットカード※作れる?作れない?
債務整理の費用は?|安く借金整理をしたい人必見!
債務整理の費用は?|安く借金整理をしたい人必見!
債務整理の相談ガイド※どこがいい?《電話相談・メール相談》
債務整理の相談ガイド※どこがいい?《電話相談・メール相談》
債務整理とは?-知識をつけて賢く借金整理-
債務整理とは?-知識をつけて賢く借金整理-
特別送達が来た場合の流れ|借金問題ならこのサイト!
特別送達が来た場合の流れ|借金問題ならこのサイト!
債務整理|司法書士と弁護士どちらに頼むべき?|知らなきゃ損!
債務整理|司法書士と弁護士どちらに頼むべき?|知らなきゃ損!
債務整理の費用について知りたい※任意整理のデメリット
債務整理 費用
債務整理の相談※任意整理をする際の弁護士の選び方とは?
債務整理 相談
債務整理とは何?債務整理に強い専門の弁護士を選ぶコツ!
債務整理とは
債務整理の連帯保証人に関する問題について知りたい!!
債務整理 連帯保証人
債務整理すると良い事※任意整理メリット・デメリットとは
債務整理すると
債務整理を相談できる法律事務所を教えて!※借金返済
債務整理 法律事務所