債務整理とは?

債務整理とは借金を返済することが難しくなった方への救済措置で、
法的に借金を減額もしくは帳消しにできる方法です。

債務整理にはいくつかの種類があります

主に以下の4種類となり、借金の程度や様々な状況によりどの方法で債務整理するかを決めていきましょう。

 

任意整理
個人再生
自己破産
特定調停

 

債務整理で借金問題を解決するとは?

日常生活を送っていく上で、借金をしてしまう理由というものには様々なものがあると考えられます。
借金をしてしまったことで、返済に苦しんで病気になってしまうケースも少なくありません。
一般的に貸金業者から借り入れを行ったときには、法律による制限によって年率で20%以上の金利をかけることはできないことになっています。
貸金業者の取り立てに関しては利息制限法に基づいて定められている利率を超えた金利の支払いを求めてきた経験がありますので、弁護士などに相談することによって正しい法律で定めらえている利率に計算しなおして、改めて借金額を決め直すことができます。

 

多くの場合では5年から7年程度の期間にわたって支払いを継続していれば、貸金業者に対する借金はなくなっているはずと考えられます。
それ以上の期間にわたって返済を続けている人の場合には、支払い金額を払い過ぎている可能性があるために、弁護士に債務整理の相談をすることで払い過ぎた分を取り戻すこともできます。
弁護士に借金相談をすることによって、様々なケースに応じた対策が可能になるために、債務整理の手法を使うことで借金額の減額の交渉をすることもできます。

 

債務整理にはそれぞれ長所・短所があります!

 

借金の減額、またはすべてなくすことができる債務整理は債務者にとって大きなメリットがあります。
しかし借りていたお金に対し利息を支払いというのは当初の契約と違うことから
債権者にとってみれば損失になります。

 

すべて債務者にメリットがあるというわけではなく、債権者に損失を与えたということで何らかのペナルティーがあります。そのペナルティーが債務整理を行う上でもっとも考えなければいけないことになります。債務者に与えるデメリットをよく検討して債務整理を行わなければなりません。

そのため、人によって最適な方法も大きく変わってきます。
しっかりと自分に合った債務整理を選択することが賢く解決するコツです。

 

無料シミュレーターであなたに合った債務整理を見つけましょう!
※弁護士事務所が運営しているシミュレーションツールなので安心してご利用できます


⇒無料シミュレーターはこちらから

 

債務整理のメリット・デメリット

 

  メリット デメリット
任意整理 裁判所を通さない 大幅な減額はできない
個人再生

借金を最大5分の1に減額
マイホームを残せる

手続きが複雑
費用がかさむ

自己破産 借金が全額ゼロになる 財産・職業に一部制限あり

 

債務整理の費用とは

気になるのは債務整理を行う際に弁護士や司法書士に依頼する費用についてです。
債務整理というのはいろんな種類があり、債務者にとって適切な種類の債務整理を選ばなければいけません。その種類別によって費用の平均も変わってきます。
また住んでいる地域によっても平均的な費用というのは変わります。特に大都市であれば弁護士や司法書士が在籍する法律事務所も多いことから価格競争になり、平均的な費用が少し落ちることになります。

最近ではインターネットで各法律事務所でどのくらいの費用が掛かるのかを表示しているサイトが多くなっていますが、すべてそれが正しいというわけではなく、弁護士に依頼してから費用の額も変わることになります。
債務者の借金の額が大きい、また債権者の意向が強い場合など難しいケースも出てくると、その分費用は大きくなるでしょう。

 

任意整理とは?

任意整理とは債務整理の一種で、他の方法と違って、裁判所を通さずに行えるのが大きな特徴です。
任意整理だけでは借金を大幅に減額することは難しいですが、その分費用も安くすむ方法ですので、比較的借金が少ない人にとってはおすすめしたい方法です。

任意整理の場合は、個人債務者だけで行うよりも専門家に依頼したほうが事がスムーズに進む場合が多いです。
そのため、多少費用が掛かったとしても専門家に任せてしまったほうがいいでしょう。

 

債務整理で悩んだらまず専門家に相談!

最近は無料で相談できる法律事務所もあるので、一度足を運ぶことをおすすめします。
なにより、誰かに話すことで少しでも心の負担を軽くできます。

 

>>任意整理の無料相談におすすめの法律事務所※電話・メール相談可能

 

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法

債務整理とは?記事一覧

債務整理を行うと、個人信用情報機関や官報にその事実が記載されるため、掲載期間中はクレジットカードの新規申し込みや所持が不可能になります。そもそも債務整理というのは、債務者本人にとっては借金が減免されるという救済制度であり、借金返済の苦しみから逃れることができればとても楽になれるかもしれませんが、お金を貸した側の債権者にしてみれば貸した分のお金をきちんと戻してもらえないわけですから、一度でも債務整理...

債務整理を検討しているという方や、興味を持っている方は少なくないと思います。そんな時に気になってくるのが、この債務整理を行うにあたってかかる費用なのではないでしょうか。ですから今回はその債務整理の費用について、種類事に説明をしていきたいと思います。まず任意整理ですが、こちらは比較的低価格で2万円前後でできる事が多いです。次に特定調停ですが、こちらも同額程度の2万円から4万円程度で行う事ができます。...

債務整理とは借金問題を解決してくれる法律で守られた手段です。その方法には4種類あり、借金の残額やどのように整理したいかによって選ぶ方法に違いがあります。その違いとはそんなものなのでしょうか。1つ目は任意整理です。借金の元金は返済していけど利息の支払いか困難という方に向いている方法です。裁判所を通さずに金融会社との話し合いによって利息を減らしてもらったり毎月に支払額を減額してもらう方法です。2つ目は...

借金でこの先の人生の見通しが全く付かず、多重債務状態で苦しんでいるなら、思い切って債務整理をして借金を見直すことが必要です。債務整理とは、借金返済に困窮した人を救うための借金解決方法で、債務整理の方法には大きく分けて3つの方法があります。●任意整理裁判所を通すことなく、直接債権者と話し合いを行い借金の利息や支払い金額の減額などを相談し、これからの返済の道筋をつけていく方法です。ほとんどの場合には、...

裁判所からの特別送達は法的な効果がある特殊な郵便です。これが到着することにより、様々なタイムカウントが開始され、一定期間が過ぎると法的効果をもたらします。借金問題に関わる特別送達の内容は主に2種類です。ひとつは裁判への出廷を促すもので、お金を貸した側がその返還を求めて訴訟に踏み切ったということです。これを無視して裁判所に行かないと自動で裁判に負けて差し押さえの手続きが行われることになります。もうひ...

債務整理は、弁護士または司法書士いずれかに依頼する事ができますが、任意整理や自己破産など各方法によっては司法書士では担当できる業務に制限があるケースもあるので、その事も頭に入れながら正式受任してもらうのがベストです。実は平成15年度から債務整理の法改正により、司法書士にも140万円以下の債務については地方裁判所に限っての訴訟代理権と交渉権が認められるようになっています。但し、民事再生や自己破産を適...

借金を解決する手段として、債務整理があります。弁護士に依頼するものですが、気になるのが費用です。最初に間違えてはいけないことは、弁護士ならば誰でもいいというわけではありません。弁護士も得意分野があり、債務整理に詳しい人に依頼しないと高い費用を請求される可能性があります。実績ある弁護士ならば、無料相談をしているところが多いです。無料相談を活用して債務整理に詳しいか、もしくは費用のことを具体的に聞いて...

貸金業者から借り入れを行ったことによって、借金を返済することができずに苦しんでいる人も多いでしょう。貸金業者からの借り入れを返済できなくなったときには、法律的な手続きを行うことによって借金生活から救われる方法があります。法律的に借金問題を解決する手段としては債務整理の方法があるわけですが、債務整理についての十分や知識や情報を得ておくことで借金による苦痛から必ず解放されることができると言えます。債務...

みなさんは今現在金融機関からの借入金はありますでしょうか。借入といってもさまざまな種類のものがありますね、キャッシングやカードローンのような少額のものから、住宅ローンなどの高額のもの、さらには事業性の借入などになるとさらに金額は増えるケースもあるでしょう。それらの返済は毎月行っていることでしょうが、もしその返済の最中に収入が途絶えてしまう、などということになったらどうしましょうか。もちろん返済はで...

借金をする際に連帯保証人を立てていた場合、債務整理をすると必ず影響が及びます。困った時に手助けしてくれた方に対して迷惑をかけてしまうことになり、できれば避けたいのですが、返済が不可能でどうしても債務整理をしなければならない状況になることもあります。しかし方法次第では保証人にかかる負担が異なるため、手続きをする前にしっかりと内容を把握しておく必要があります。なるべく保証人に迷惑をかけない整理の仕方と...

多重債務などで、自転車操業になってしまった、これ以上の借金の返済は難しい状況になってしまった場合等に行うのが、債務整理です。債務整理の中で最も有名なのは自己破産でしょう。ですが、債務整理には自己破産の他、任意整理、個人再生、民事再生といった方法も存在します。債務整理すると、毎月の厳しい返済状況から解放される事になります。ただ、選ぶ方法によって、その状況は大きく変わります。自己破産を選んで債務整理す...

カードローンや目的別ローンなど借金には様々な形がありますが、そうした借金を行った場合はその元金の返済はもちろん利息もつけて返済していかなくてはいけません。そして順調に返済を行っている方もあれば、思うように収入が得られない、さらなる借金が増えてしまうなど何らかの理由でその返済が順調に行えなくなってしまう場合があります。借金の返済が厳しくなった場合は返済のために新たに借入をするようなことは避け、正しい...