任意整理とは?-知識をつけて賢く借金整理-

任意整理は比較的まだ借金が少ない場合や保証人などがいて、自己破産することが出来ない場合などに裁判所などの機関を通さずに債権者と債務者が利息のカット、返済方法などで合意を求めていく方法です。

 

任意整理は弁護士に頼むべき

普通は3年から5年程度で借金を返済していきます。この場合、債務者本人が債権者と交渉しても無理があり、弁護士に頼むのがベターです。

 

任意整理により、最初の取引から利息制限法の利率に計算し直すことによって減額されることになる。これに加え将来の利息もカットされる。

 

任意整理とは利息制限法と関係がある

一般的には取引期間が長ければ長いほど、減額される借金の額は大きくなります。しかし、相手によっては減額されるとは限りません。それは、銀行や信用金庫などからの借金は任意整理しても殆ど減りません。

 

何故かというと、利息制限法で定める利率を超えていないからです。また、任意整理は法律に定められた手続きを使わないで行うので任意という言葉が使われている。債権者との話し合いで、このままでは何かの対策を講じないと自己破産するしかないので、計画的にこれくらいなら返せるから、負けてほしいなどと交渉することです。

 

任意整理とは私的整理の一つ

このように返済条件などを決めることで、私的整理の一つと言えます。このことが他の債務整理の方法とは、決定的に違うところです。即ち、他の債務整理の方法(個人再生・特定調停・自己破産)は全て裁判所を通して行うものであり、法的整理と呼ばれているものです。

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法

任意整理とは?-知識をつけて賢く借金整理-関連ページ