任意整理をするとき弁護士の条件・ポイント※無料相談

急な出費でちょっとした資金が必要となったとき、親や兄弟そして友達に無心するまでもないと思ってキャッシングし自分の通帳にまとまった金額が印字されると、本当は自分のものではない金でも、まるで儲かったかのような錯覚に陥ります。それを自覚できれば問題はないのですが、ついつい借り癖がついてしまうと、返済総額の合計が一桁上がるだけでなく、返済する貸金業者が複数になり、毎月の支払いはおろか、ついには利息分を支払うだけで精一杯となり、いつまでたっても完済する見込みが見えてきません。
そんなとき、過去の借り入れ開始時期までさかのぼり、利息制限法にもとづいて適正な金利で計算しなおし、過払い請求や、債権者との交渉によっては将来の利息をカットしたうえで再計算し、3年から5年程の年月をかけて返済する、いわゆる任意整理の手続きをすれば、計画的に返済することで元金が減っていきます。
ただし任意整理を進めるためには、いくつかの条件が必要となってきます。
たとえば、定期的な収入が見込める人であることは絶対条件となってきます。会社員や公務員はもとより、毎月一定の収入があれば、パートタイマーやアルバイトでも任意整理は可能です。
次に、返済に必要なお金つまり収入から生活費を差し引いた金額を3年から5年程の間でコンスタントに支払う能力があるかどうかも重要なポイントです。
さらには、これらの条件から外れるとされる無職や専業主婦であっても、家族や配偶者に支払い能力があれば任意整理が認められるケースがあります。

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法

任意整理をするとき弁護士の条件・ポイント※無料相談関連ページ