任意整理の返済期間について|任意整理の前に読むサイト!

任意整理は債務整理の一種であり、大きな特長として裁判所を通さずに債務者と債権者がお互いに話し合って、その合意の下に借金を整理する方法の事です。
任意整理は弁済型の債務整理になり、返済期間は原則として通常3年以内の36回払いと定められていますが、もし病気や失業など止む無い理由で弁済が難しい場合は最大5年の60回払いに延長できます。
しかし返済期間が長引いてしまうと、その期間中に緊急の出費も発生して結果的に支出が増えるリスクもあるので、任意整理の場合は3年で返済するほうが意味があります。
また任意整理で分割返済する際は借金当時の遅延損害金や利息はほぼカットして、元本のみを支払っていく形になるので、このようなメリットを大きく生かすためにも、なるべく3年以内で完済するのが望ましいです。
そして任意整理における分割弁済の過程で、臨時収入でもあるボーナスの一部を充ててしまいたい債務者もいるようですが、これは返済プランに組み込まない方針を多くの弁護士事務所が取っています。
任意整理というのは、債務者の日常生活に少しでも余裕ができるように、弁護士が知恵を絞って債務者の毎月の収入範囲で無理のない返済計画を提案してくれます。
ですからボーナスなどの大きな収入があったとしても、それは将来の貯蓄に置いておき、弁護士に任せて背伸びをしない程度で返済計画を練っていくのが理想的です。

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法

任意整理の返済期間について※任意整理をわかりやすく解説!関連ページ