任意整理後カード作りたい!※破産宣言する前に無料相談

任意整理は、裁判所を通さずに借金を借りている債務者がお金を貸してくれている相手に、利息や毎月の支払いを減額してもらえるように交渉し、借金の額を減らす手続きです。3年から5年ほどの期間をかけ、残った借金を少しずつ返済していく計画を立てて、計画通りに返済していきます。

任意整理後は利息分の返済だけではなく、当初の契約で決められた毎月の支払い金額よりも、少ない金額で長期に返済していくため、返済が非常に楽になります。任意整理は債務整理の中でもメリットが多く、デメリットが少ないと言われている手続きですが、任意整理をすると、その後はお金を借りたい場合は、どうなってしまうのでしょうか。

任意整理をすると、その後、金融機関が情報を共有している信用情報機関、いわゆるブラックリストに登録されてしまいます。信用情報機関では、返済の遅れや破産などの顧客の情報が保管されています。債務整理をしたという情報は信用情報機関に5年間は登録されてしまうので、その間はクレジットカードの使用や所持、住宅ローンやオートローン、キャッシングの申し込みができなくなるなど、お金の借入が全くできない状態になります。

しかし、5年経過すれば、その後すぐに借入できるというわけでもありません。金融会社によって、審査基準が違いますし、借り入れていた金融業者やそのグループ会社によっては、情報が残っている場合がありますので、審査が通らない場合もあります。任意整理後の借入審査は、全ての金融業者の審査に通らないわけではないので、借入をしたい場合は、一定期間が過ぎてから複数の金融業者に審査申し込みをしてみるとよいでしょう。

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法

任意整理後カード作りたい!※破産宣言する前に無料相談関連ページ