任意整理、任意売却の方法※債務整理体験談はこちらです!

任意整理は返済能力が有る場合に行う事が出来る債務整理です。
返済能力と言うのは任意整理を行って、残りの借金の返済が可能か否かの能力であり、ある程度の収入が無ければ任意整理を行うことは出来ません。

また、任意整理は自己破産とは異なり、裁判所に出向く必要もなければ、不動産を処分する必要が有りませんので、マイホームを持っていても安心できる債務整理と言えます。

自己破産の場合は、マイホームを持っている事で裁判所が不動産を差し押さえし、競売にかける準備を行う事になります。
競売にかけられた物件と言うのは裁判所が情報を公開し、入札希望者を募集します。

競売物件は市場価格よりも安く購入出来ると言う、購入側のメリットが有りますが、処分される側でもある債務者にとってはデメリットとなるものです。

尚、入札者が多数存在している場合には、入札価格が一番高い人に落札の権利が渡され、競売物件が処分されることになるのです。

競売は自己破産をする時だけではなく、住宅ローンの支払いが出来なくなった時に行われることになります。
住宅ローンを組む時は、ローンの対象となる不動産は抵当権が設定されます。
この抵当権と言うのは担保のようなものであり、ローンの支払いが出来なくなった時には抵当権を行使して競売にかける事が出来るようになっているのです。

尚、競売にかけられる前に行うのが任意売却なのです。
任意売却は、市場価格に近い額で売却が出来る事や、一般の不動産会社に売却を依頼できますので、任意売却を行う事で住宅が差し押さえされることを未然に防げると言うメリットが有るのです。

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法

任意整理、任意売却の方法※債務整理体験談はこちらです!関連ページ