個人再生したら返済額はどう変わる?※計算方法は?-賢く解決!-

個人再生制度というのは、長年住宅ローンを抱えた身で、何とか他の借金を縮小して住宅ローン返済の効率化を支援するために最近できた債務整理の方法の1つです。
個人再生の他には、個人の収入状況によって借金整理できる任意整理や、全ての借金をクリアにできる自己破産といった手段もありますが、個人再生はマイホームを維持しながらも他の債務をギリギリ最大限減額できるのが大きな特性です。
また自分の責任で作ってしまったギャンブルやショッピングの浪費などでも唯一整理できるのが個人再生でもあり、自己破産に次いで免除になる借金額の割合が大きいとも言えます。
また個人再生で債務を返済するには、3年程度で弁済完了できる安定した収入能力が求められ、サラリーマンでなくともアルバイト従事者でも返済がしやすい仕組みになっています。
個人再生で債務減額できる額は、その人が抱えている住宅ローン以外の借金総額で決定し、最低返済額は100万円以上と決められています。
個人再生制度では、500万円以上1500万円未満なら総債権額の約5分の1、1500万円以上3000万円未満であれば最低300万円、3000万円以上5000万円未満なら総債権額の10分の1が減額できる目安となります。
このように個人再生制度を適用した時は、将来の利息無しで借金解決する任意整理や特定調停を利用した時に比べても明らかに減額率が大きく、減額済みの債務残額を3年以内に分割返済して良い事になっています。
たとえ再生計画案通りに返済不可能になったとしても、当初の3年から5年に支払い期間を延ばす事もでき、途中で長期の病気療養や失業の事態が発生しても、返済が4分の3以上完了している時はハードシップ免責の申請もできます。
ですから個人再生制度は、今ある家だけは守りながら、少ない収入でもわずかな資金を捻出して弁済していきたいという人には最適の選択肢になります。

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法

個人再生したら返済額はどう変わる?※計算方法は?-賢く解決!-関連ページ

個人再生したら官報に載る?-官報とは?-徹底解説!
個人再生したら官報に載る?-官報とは?-徹底解説!
個人再生したら返済額はどう変わる?※計算方法は?-賢く解決!-
個人再生したら返済額はどう変わる?※計算方法は?-賢く解決!-
個人再生の相談を1番にするべきなのは?|個人再生をする前に
個人再生の相談を1番にするべきなのは?|個人再生をする前に
個人再生の再生計画案とは?|個人再生の前に読むサイト!
個人再生の再生計画案とは?|個人再生の前に読むサイト!
個人再生後の生活に影響は?※徹底的に調べてみた!
個人再生後の生活に影響は?※徹底的に調べてみた!
個人再生で我が家を守る債務整理|個人再生の前に読むサイト!
個人再生で我が家を守る債務整理|個人再生の前に読むサイト!
個人再生費用はどれくらい?|安く借金整理をしたい人必見
個人再生費用はどれくらい?|安く借金整理をしたい人必見
個人再生とは?-知識をつけて賢く借金整理-
個人再生とは?-知識をつけて賢く借金整理-
個人再生|手続きの流れとかかる期間|個人再生の前に
個人再生|手続きの流れとかかる期間|個人再生の前に
個人再生の住宅ローン問題に困ったら※デメリットについて
個人再生 住宅ローン
公務員個人再生をした場合※任意整理をする前に読むサイト!
個人再生 公務員
個人再生と失敗※任意整理をする際の弁護士の選び方とは?
個人再生 失敗
個人再生の流れを知りたい※メリット・デメリットとは?
個人再生 流れ
個人再生と司法書士のしくみ※任意整理のメリットについて
個人再生 司法書士
個人再生したら車は?※任意整理メリット・デメリットについて
個人再生 車