個人再生後の生活に影響は?※徹底的に調べてみた!

個人再生は、その名の通り個人または個人事業主に対して、経済基盤の建て直しを支援する民事再生手続きです。
正式には(小規模個人民事再生)と呼び、利息制限法で引き直した債務額の一部を約3年または5年の間に、債権者が了承した再生計画案に沿って返済するのが決まりで、債務整理の中では大幅な債務減額が期待できる手続きです。
個人再生手続きを行う上で課せられる条件は、第一に住宅ローン以外の債務残額が5000万円以下である事。
第二に、将来も安定した定期収入見込みがある事。
第三に、再生計画案に対する不同意が債権者総数の過半数未満または債権総額の1/2を超えない事が条件になっています。
また最低弁済額も、債権総額の5分の1または100万円、いずれかの多いほうの金額弁済が義務付けられています。
個人再生が正式に決定した後は、債務者が働いている職業の資格制限は特に受けたりする事なく、住宅や車などの財産保有をしたまま債務弁済が可能です。
もちろんブラックリストだけでなく、個人再生した記録は官報でも公告されるので、約5~7年は再びの借金はできないと思っておいたほうが良いです。
もし再生計画に沿った返済期間中に、会社で大幅な賃金カットを受けたり、解雇による失業、長期療養を要する疾病に罹った場合は再生計画の返済期限を2年延ばす事が可能です。
この場合は再生計画の延長が認められるだけで、一度決定済みの返済金額は一切減額できません。
更に再生計画を延長したにも拘わらず、再就職先が見つからなかったり、疾病の治療期間が長引く時は、弁護士か司法書士のアドバイスでハードシップ免責を受けれる可能性があります。
適用を受けるには、病気治療やリストラなどの解雇で再就職が到底困難である人や、返済総額のうち完済率が4分の3以上である人、再生計画案の変更を行っても債務弁済が不能の人に限られます。
またハードシップ免責は、住宅ローンには一切反映されないので、免責を受けたとしても住宅ローンは支払い続ける必要があります。
このように個人再生後も必ずしも安定した生活保障があるわけではないですが、他の債務整理と比較しても債務を減額できる幅は非常に大きいので、住宅を維持したい人は弁護士か司法書士に早急に相談してみましょう

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法

個人再生後の生活に影響は?※徹底的に調べてみた!関連ページ

個人再生したら官報に載る?-官報とは?-徹底解説!
個人再生したら官報に載る?-官報とは?-徹底解説!
個人再生したら返済額はどう変わる?※計算方法は?-賢く解決!-
個人再生したら返済額はどう変わる?※計算方法は?-賢く解決!-
個人再生の相談を1番にするべきなのは?|個人再生をする前に
個人再生の相談を1番にするべきなのは?|個人再生をする前に
個人再生の再生計画案とは?|個人再生の前に読むサイト!
個人再生の再生計画案とは?|個人再生の前に読むサイト!
個人再生後の生活に影響は?※徹底的に調べてみた!
個人再生後の生活に影響は?※徹底的に調べてみた!
個人再生で我が家を守る債務整理|個人再生の前に読むサイト!
個人再生で我が家を守る債務整理|個人再生の前に読むサイト!
個人再生費用はどれくらい?|安く借金整理をしたい人必見
個人再生費用はどれくらい?|安く借金整理をしたい人必見
個人再生とは?-知識をつけて賢く借金整理-
個人再生とは?-知識をつけて賢く借金整理-
個人再生|手続きの流れとかかる期間|個人再生の前に
個人再生|手続きの流れとかかる期間|個人再生の前に
個人再生の住宅ローン問題に困ったら※デメリットについて
個人再生 住宅ローン
公務員個人再生をした場合※任意整理をする前に読むサイト!
個人再生 公務員
個人再生と失敗※任意整理をする際の弁護士の選び方とは?
個人再生 失敗
個人再生の流れを知りたい※メリット・デメリットとは?
個人再生 流れ
個人再生と司法書士のしくみ※任意整理のメリットについて
個人再生 司法書士
個人再生したら車は?※任意整理メリット・デメリットについて
個人再生 車