借金が返済できないと思った際にあらゆる手段の債務整理方法によって借金を整理することができます。
その中でも個人再生という手段で借金を整理することができます。
これは2001年にはじまった比較的新しい制度で、借金を何とかしたいけど自己破産は避けたい、という場合に用いられます。

 

自己破産の場合は借金をすべて解消することができ、債権者は抱えている全ての債権に対して返済義務がなくなります。その代わりにマイホームをはじめあらゆる財産を失ってしまうので、その後の生活基盤を全て失ってしまうというデメリットがあります。

 

個人再生の場合は自己破産のように全ての債権を返上することはできません。個人再生においては住宅ローン以外の借金総額の1/5または100万円の多い金額を3年かけて返済することができればすべての借金が免除される、という整理方法です。
個人再生のメリットとして今まで住んでいたマイホームはそのままの状態で住み続けられる、というメリットがあります。しかし、住宅ローンに関しては免除や減額が効かないので、その点は注意が必要です。

 

自己破産に比べて個人再生は借金の免除される範囲が縮小されるものの、債務整理後の生活が立て直しやすいというメリットがあります。

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法

個人再生とは?記事一覧

借金の問題を解決できる債務整理には、色々な方法がある事をご存知でしょうか?債務整理といえば自己破産というイメージが強いですが、自己破産は借金の返済義務が無くなる変わりに、家などの財産も手放さなければいけないなどデメリットやペナルティーも大きい債務整理です。ですので、いきなり自己破産を選ぶのではなく、他の債務整理で解決できないか検討してみましょう。自己破産はしたくないけれど、多額の借金があるという場...

個人再生制度というのは、長年住宅ローンを抱えた身で、何とか他の借金を縮小して住宅ローン返済の効率化を支援するために最近できた債務整理の方法の1つです。個人再生の他には、個人の収入状況によって借金整理できる任意整理や、全ての借金をクリアにできる自己破産といった手段もありますが、個人再生はマイホームを維持しながらも他の債務をギリギリ最大限減額できるのが大きな特性です。また自分の責任で作ってしまったギャ...

個人再生は裁判所に申し立てをし、行う債務整理です。借金の問題を解決する債務整理といえば、自己破産というイメージが強い方も多いでしょう。自己破産も、もちろん借金問題を大きく解決できますが、家や車などの財産を手放さなければいけないなど、社会的なデメリットやペナルティーも大きい為、いきなり自己破産を選択するのではなく、個人再生など他の債務整理を検討する事をお勧めします。個人再生は自己破産のように借金をゼ...

自己破産はしたくないけれど、借金の返済に困っているという場合、個人再生を検討してみてはいかがでしょう?個人再生は自己破産のように借金をゼロにする事はできませんが、借金の金額によっては5分の1にまで元本を減らせます。また個人再生は住宅ローンを維持しつつ、他の借金を整理できるので、マイホームを手放す必要はありません。自己破産の場合は借金の返済に充てる為、家などの財産を差し押さえられてしまいますが、個人...

個人再生は、その名の通り個人または個人事業主に対して、経済基盤の建て直しを支援する民事再生手続きです。正式には(小規模個人民事再生)と呼び、利息制限法で引き直した債務額の一部を約3年または5年の間に、債権者が了承した再生計画案に沿って返済するのが決まりで、債務整理の中では大幅な債務減額が期待できる手続きです。個人再生手続きを行う上で課せられる条件は、第一に住宅ローン以外の債務残額が5000万円以下...

借金の返済に悩み自己破産を考えている方の中には、我が家を差し押さえられてしまう事に、不安を感じるのではないでしょうか?自己破産は借金の支払い義務が無くなるので、実質的に借金をチャラにする事ができる債務整理です。ですので借金の問題は全て無くなりますが、自己破産の場合無条件で借金が無くなるわけではありません。家などの財産がある場合は債権者に配当する為、差し押さえられてしまうのです。マイホームを持ってい...

個人再生を行う時には、高額な費用が必要となります。この金額をすぐに用意することは出来ないので、基本的には分割払いで支払うことになるでしょう費用の目安としては30万円以上で、場合によっては60万円近くかかることもあります。これは弁護士事務所の方針にも寄ります。出来る限りやすい事務所を選び、費用を抑えられるようにしてください個人再生が高くなってしまう理由としては、やはり色々な手続きに時間がかかるという...

個人再生は借金の額を5分の1にしてもらって、その額を再生計画に従い返済していくという手続きです。個人再生のデメリットとして財産を手放さなければいけないという点が挙げられますが、手元に残しておける財産は再生計画に従って支払う債務の額以下と定められています。よって、個人再生を行うと多くの財産を手放さなければいけなくなります。もちろん車もその財産のうちの一つです。実は資産価値20万円以下は資産価値がない...

個人再生を申し立ててから、裁判所から再生案の認可を受けるまでに掛かる期間は平均100日程度となり、約4ヶ月程度を見ておくべきでしょう。ここからは個人再生の流れについて、順に追いながら簡単に説明したいと思います。まず個人再生を希望する債務者は、住所管轄対象の地方裁判所に申立書を添付書類と共に提出し、その時に一緒に手続き費用も納付します。申立書の他に、債権者の会社名、債務内容・債務残額などを記録した「...

個人再生とは、我が家を維持しながら債務整理ができる制度のことで、住宅ローンを払い終わっていない状態で支払いが困難になってしまった場合、我が家を手放すことなく、他の借金を整理することができます。個人再生の手続きには、個人債務者であり、継続的に一定の収入があり、住宅ローンを除いた借金が5000万円以下であること、これらの条件が必要です。個人再生は自己破産にように借金が帳消しになることはありませんが、元...

公務員のように安定して収入がある場合の個人再生は、裁判所で認可されやすい傾向にあります。個人再生で一番ネックになるのは、3年間で借金の総額の5分の1を返済しなければいけないことです。公務員の場合は倒産するおそれはまずなく、毎月必ず給料が支払われます。また、年が変わるときには昇給もほとんどの人の場合ありますので、返済する上での心配がまずありません。個人再生では、裁判所から個人再生計画の計画書類におけ...

個人再生手続きというのは債務者が必要書類を揃えて裁判所に申し立てを行うことによって、裁判所の仲介を得ながら債務の調整を図ることができる制度です。弁護士などの専門家が仲介してくれる仕組みがありますので費用こそかなりかかりますが、有利な条件で債務の整理を行うことが期待できるようになる点でメリットがあります。この仕組みを上手に利用することで自己破産という選択肢を取らずに済むことがあります。自己破産を選択...

借金の返済が行き詰った時には、法的な債務整理を考えざるを得なくなります。借金の返済に困って途方に暮れている間にも日一日と利息は増えていますので、返済の見込みがない場合には法的な債務整理を考えざるを得なくなっていきます。考えている間にも利息は増えています。借金を借金で返済しているような状況になったら、早めに個人再生などの手続きを考えて弁護士や司法書士に依頼するべきです。個人再生における一般的な手続き...

個人再生とは、債務整理の一つで、行うと、借金を1/5もしくは1/10に減額して貰うことが出来る制度です。個人再生は、裁判所に再生計画を提出し、それが認可される事によって行われます。減額される割合は、借金の総額によって変わります。この減額の対象になるのは、一般的な借金で、住宅ローンなどはその対象になりません。個人再生が認められても、住宅ローンは減額にならない為、個人再生後も同じように返済を続けていく...

借金が返せないような状況に陥ったさいには救済措置として債務整理を行うことになります。債務整理といってもおおまかに2種類で裁判所を通して行うものと裁判所を通さずに行うものがあります。裁判所を通さないものとしては任意整理と呼ばれるもので弁護士または司法書士に依頼して、債権者と交渉して債務の減免を求めるものです。任意整理の場合には、減免は主に金利相当分です。あくまでも任意による債務整理であるため、財産に...