よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法

自己破産とは?記事一覧

自己破産を視野に入れて考えているとき、自己破産の条件が気になりますよね。同じ借金でもギャンブルでできた借金と生活費のための借金とでは自己破産を行う上で何か違いがあるのでしょうか。借金をしている人の中にはとても自己破産を簡単に考えていて、首が回らなくなったら自己破産ですべて解決と思っている人が多いのも事実です。ですが、必ずしも自己破産の申請をしたからといって免責が認められないこともあります。免責され...

自己破産とはすべての借金が0になる手続きです。任意整理や個人再生では基本的に減額された借金を返済していくことになるので、借金が0になるわけではありません。返済していくだけの安定した収入があることがご利用条件に含まれています。しかし自己破産では支払い能力がないと判断されれば免責が下されますので、収入に関わらずにご利用することが出来ます。その代わりにマイホームや99万円以上の現金、20万円以上の預貯金...

自己破産するという事は、今ある借金を全て帳消しにする効力がある点に目を向けられがちですが、デメリットもメリット以上に存在する事を留意しておかないといけません。例えば代表的なデメリットは、個人信用情報機関への事故登録、職業の資格制限、官報への記載などが挙げられますが、実際自己破産する事で被るデメリットは公に認知されているほど深刻なものではないという事です。自己破産という制度は借金に苦しむ人が最低限の...

自己破産は裁判所に申し立てを行い、進める債務整理です。しかし、いきなり裁判所に申し立てをするのではなく、まずは債権者に受任通知書を送付します。受任通知書はこれから自己破産する事を、債権者に知らせる目的と、自己破産の申請に必要な書類を作成する為、いくら借金が残っているかなどを債権者に申告してもらう為に送るのです。受任通知書を送り債権者から債権調査票が送られ、書類を作成したら裁判所に申し立てを行います...

自己破産により免責が認められると借金は帳消しになり、支払い義務がなくなりますが、適用されるのは免責を認められた債務者のみです。したがって、債務者が支払えなくなった借金はそのまま保証人に移行します。配偶者が保証人になっている場合は配偶者に、友人知人など他人が保証人になっている場合も、その人たちに、あなたの借金の支払い義務が発生するのです。配偶者に債務が移行しただけでは、借金に苦しむ生活に変わりはない...

自己破産後の生活について、自己破産後のデメリットとして、資格の喪失と言うのがあります。これは簡単に言えば自己破産をする事によって就けなくなる仕事と言うのが発生します。職種についてですが、お金に関わる仕事はもちろん、その他多岐に渡ります。しかし一生その仕事に就けなくなると言う訳ではありません。破産後の手続きの中で、免責の手続きと言うのがあります。免責が認められればそう言った資格の制限からも解放されま...

借金の額が大きくてどうにも返済できない場合、自己破産しか解決できない場合があります。自己破産すると家族に迷惑をかけたり、勤め先や知人に知られてしまわないか不安ですね。知人や勤め先には知られずにすることができますが、家族には知られる事がある場合があります。まず家や土地など多くの資産がある場合や、夫が自己破産する場合には家族には知られてしまいます。自己破産すると20万円以上価値のある財産は全て処分して...

自己破産の場合、同時廃止事件と管財人事件ではその期間には大きく差が出てしまいます。同時廃止事件は概ね3ヶ月から半年くらいで終わることに対して、管財人事件は概ね半年から一年、状況によってはそれ以上かかってしまう場合もあります。まず破産と免責の申し立てを裁判所へ行いそこから債務者に対し意見陳述が行われます。それにより裁判所側が認めればそこで破産が決定しますが財産がある場合、そこからが本当に大変な作業と...

最近、奨学金が原因で自己破産する方が増えているそうです。卒業したけれどこの不景気で、なかなか就職できない、また就職しても給料が安く生活するだけで手がいっぱいになり、奨学金が返済できないというケースが多いようですまた他にも借金を抱え奨学金を払えないというケースも、もちろんあります。多重債務に陥り自己破産した場合、奨学金の返済はどうなるのでしょう?自己破産をすると全ての借金の返済義務な無くなるので、当...

自己破産をする場合には、大まかに二つの方法に別れてきます。1つは、自分自身で自己破産手続きに臨む場合。もう1つが、専門家に依頼をする場合です。それでは、実際にかかる費用はどのくらいになるのでしょうか。それぞれ説明をしていきます。最初に、自己破産手続きを自分でやる場合です。まず、自己破産手続きを申し立てるために必要な書類を集めます。細かい金額のものは省きますが(例えば債権調査票を取り寄せる切手代や、...

自己破産をすると信用情報に記載されるのでお金を借りたりする事は非常に困難になります。ですが昔のように一形態だけのクレジットカードと言う事では無いので、クレジットカードは作る事が出来たりもします。と言うのも、クレジットカードはお金を借りるためだけに作るとは言い難い物になってきているからです。特にインターネットを使った買い物ではカードが無いと使えないと言っていいほど不便ですし、ポイントなどのサービスも...

自己破産後には、その後はブラックリストに載っているため、住宅ローンを組むことは出来ません。でも、10年もたてば、ローンが組めるところも出てきます。まずは、その10年の間借金などは一切なしで、収入内で毎月生活が出来るように、大勢を整えることが肝心です。一度自己破産経験がある人は、借入をすることが当たり前になっています。ですから、借入をして、それをまた違う業者から借金をして返すと言った考え方を変えまし...

自己破産には様々な書類を提出することになります。1つでも欠けていた場合は自己破産が認められないこともありますので注意してください裁判所で手に入るものと、自分で用意しなければならないものに分かれている点も注意です裁判所で手に入れる書類としては、破産と免責の申込書です。これを提出しないことには話になりません同時に提出する書類として、陳述書も必要となります。これも裁判所で手に入れることができる書類です。...

破産宣告は裁判所に申し立てを行い、裁判所に支払い能力がないと判断されると、免責不許可事由に該当していないと判断されるとすべての債務の支払いが免除されます。破産宣告はご本人自ら手続きを行うことが可能で、およそ1万5千円から3万円くらいの費用で済みます。さらにマイホームや現金や預貯金、株など換価できる財産を持っている場合は、管財事件となり裁判所にお支払する予納金が50万円以上かかります。知識のない方が...

自己破産手続きでは、破産宣告という言葉がよく聞かれますが、どういった事を指すのでしょうか?自己破産を申し立てた人に対し裁判所が、破産手続きの開始が決定しましたよと言い渡すのが破産宣告です。現破産法では「破産手続き開始の決定」と言います。それにより、ようやく破産に向けた手続きが開始されるのですが、破産宣告を受けるまでには、自己破産の申し立て書に始まり、各必要書類の提出や裁判所での口答審尋など、申し立...