任意整理後の住宅ローンについて※我が家はどうなる?

任意整理をした後に住宅ローンが組めるかどうかということですが、結論から言うと5年から10年は住宅ローンの審査にはほぼ通りません。
任意整理は裁判所などの公的機関を通した解決方法ではなく、あくまで個人間での任意の話し合いで債務の返済について解決を行う手段です。公的な記録には一切残りませんが、その代わり、あなたの信用履歴には任意整理を行ったという記録が記載されてしまいます。
この信用履歴というのは、信用情報機関という個人の信用情報を扱う会社が保持している記録です。ほぼ全ての金融機関がこの信用情報機関と記録のやりとりをしており、ローンの審査の際にはここで利用者の現在の借り入れ残高や過去の返済履歴などを調べます。もちろん任意整理を行ったという事実もここに記載されるので、住宅ローンを申し込むとその金融機関はあなたが過去に任意整理を行ったということを知ることになります。
任意整理を行った経歴があると住宅ローンの審査はかなり厳しくなり、よほどの安定した高収入がない限りは審査に通ることはないでしょう。ただこの信用履歴は5年から10年で抹消されるため、この期間が経過すれば新たに住宅ローンも組めるようになるでしょう。この期間の長さは信用情報機関によってまちまちですが、金融機関は複数の信用情報機関を利用しているので、一番長い期間を参考にするのが無難だといえます。

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法

任意整理後の住宅ローンについて※我が家はどうなる?関連ページ