任意整理したら返済額はどのように変わる?※計算方法は?-賢く解決!-

債務整理を行った場合、自己破産の手続きを遂行すれば借金は全て帳消しとなりますから、1円も返済しなくて良い状態になります。

しかし、それ以外の任意整理や民事再生の場合は債務の一部、または全部について返済の義務が残ります。

まず任意整理を選べば、それまで支払っていた利息分が帳消しになります。そして残りの元本のみを返済していくこととなります。
そして、もしも利息制限法に定められている上限を超える利息をそれまで支払っていたならば、その超過分は残りの債務から差し引かれます。
たとえば100万円の元本が残ったとして、利息制限法を超過する利息分の支払いが20万円分あったとすれば、
元本から差し引きして80万円を返済していくこととなります。
任意整理が確定すれば、その後およそ3~5年の分割払いで返済を行うことになります。

また民事再生については、利息以外の債務全体の5分の1を分割払いで支払っていくことになります。(住宅ローンについては民事再生の対象ではありませんから、返済額は減りません。)
しかし、最低でも100万円の債務は返済しなくてはならないため、500万円の残債であれば5分の1まで圧縮できることになりますが、
300万円の残債では3分の1までしか圧縮できないことになります。
民事再生後の返済は原則として3年以内の分割払いのため、100万円を3年間で返済する場合は、月々28,000円ずつとなります。

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法

任意整理すると返済額はどうなる?※計算方法は?-賢く解決!-関連ページ