返済不能で滞納が続くとどうなる?※すぐに弁護士へ相談

個人再生が失敗する具体例として最も多いのが収入源による返済不能状態になったからというものです。個人再生は自己破産とは違い、裁判所を通さずに弁護士、依頼人、債権を持つ会社が話し合いで決める方法です。そのため、今働いている会社にも親戚にもばれずに借金を整理する方法として利用者がとても増えています。個人再生では借金を減らすことはできませんが、金利の再設定や返済期間の延長などによって生活費に占める返済額の割合を減らし、生活を立て直すことが出来る方法と言われています。しかし、中には返済途中で収入がなくなったことによって失敗するような具体例も増えてきています。収入がなくなって個人再生を失敗する具体例で特徴的なのは通常つけることが多い保証人も合わせて返済不能になることが多いという点です。個人再生では保証人を設定することが多く、家族のうち収入が高い者がなる場合が多いようです。通常は支払人がリストラや病気で支払いができなくなっても保証人が支払いを継続すれば問題ないのですが、家庭を助けるために保証人も収入から生活費を出していることが多く、また、返済についても手をかしている場合が多いようです。そのため、実質、保証人も重要な返済者となっているために一人でも返済する人間が減るととたんに返済不能に陥る場合が多いようです。そのため、個人再生を行う際には収入に占める返済額を出来る限り減らすことが大事であると考えられています

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法

返済不能で滞納が続くとどうなる?※すぐに弁護士へ相談関連ページ